2017年09月24日

台風接近で・・・

1.jpg
     家族全員集合

1506174040445.jpg
     孫からの贈り物


お彼岸とは春分の日と秋分の日を中日として、
その前後の3日間を合わせた7日間の期間です。

そもそも「彼岸」という言葉の意味は、生と死の海を渡って
行きつく悟りの世界のことを言います。

反対に私たちがいる、苦しみや迷いがたくさんある
この現実世界を「此岸(しがん)」と言います。
彼岸は西にあって此岸は東にあると言われています。

そのため、お彼岸の時期である「春分の日」と「秋分の日」は
太陽が真東から真西に沈むので、彼岸と此岸が最も近い日で
あるとされて日本人はこの時季にご先祖にお墓参りをします。

お彼岸は日本独自のもので、意味は古代インドから来て
浄土真宗の浄土思想と結びついて始まったようです。

浄土思想とは苦しみや迷いが全くない世界(極楽浄土)は
遙か遠くの西方にあると信じている思想です。

その太陽が真西に沈むのを見た人々が、遙か遠くの西にある
極楽浄土に思いをよせて拝むようになったのがお彼岸の
始まりと言われています。
故に亡くなった人に供養したり、交信したりするような心情での
お参りではなかったようです。

しかしながら日本には仏教が来る前からご先祖様に感謝したり、
農作物に対して感謝をする習慣がありました。
お彼岸にはご先祖様に農作物の豊作の感謝するという意味も
あったのでしょう。

お彼岸の時期にお寺やお家のお仏壇やお墓参りをする場合は、
お供え物として仏飯・お餅・菓子・果物など、
この私がいま生かされていることへの感謝の思いを
感じていきたいものです。

さて、拙寺の秋季彼岸会。
ご案内のとおり今年は少し早めの17日の法要でありましたが、
前日からの台風接近に伴い近畿地方が直撃という予報。
警報も発令されいましたので、奈良・橿原市からお越しになる
ご講師の中川先生にも急遽出向を取り止めていただきました。

当日の法要は、一応予定どおり内仕舞にて執行いたしました。
予想いたしてほどの雨風ではなかったものの、足元の悪中
10名程お参り下さいました。
本当に有り難いことです。

我が家も昨今、家族全員が揃うことがほとんどない中、
四男(高2)もさすがに当日の野球部の練習が中止となり、
何と全員勢揃い!!!

正直台風接近により彼岸会法要施行にあたっては、
ヤキモキしていたもののそのお陰で全員勢揃い。
これまた有り難いご縁です。

人間万事塞翁が馬

南無阿弥陀仏

posted by 正 at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族

2016年06月11日

お蔭さまで25年!!!

龍谷大学.jpg


先日の9日、私たち夫婦は皆様のお蔭により無事25回目の
結婚記念日を迎えることができました。

初めて出逢ったのは、昭和59年龍谷大学深草学舎。
当時私は20歳、坊守は18歳・・・
あれから32年の歳月が流れました。

途中お互い紆余曲折、結果縁あって北御堂(本願寺津群別院)で
結婚式。
その後4人の息子たちと孫一人に恵まれ今日に至ったいます。

出逢った頃、まさか奈良で生まれ育った私が、現在大坂のど真ん中の
お寺の住職となっていることなど想像もしていませんでした。
振り返ってみると坊守は、間違いなく私の人生において少なからず
影響を及ぼしたパートナーとなったいるわけです。

こんな私たち夫婦ですが、今後とも宜しくお願いしますm(__)m
posted by 正 at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族

2016年02月09日

第一関門

!cid_B0E4279C-F1A2-4A7A-B407-445257D1A4A1.jpg

明日は四男の高校入試日。

三人の兄貴たちで幾度と受験を経験しているものの、
その都度親の方は何かしら落ち着かない。

そんな思いを余所に本人は至って平常通りで張りつめた
緊張感は全くない。

夕刻より試験前日の総仕上げのため塾へ行き、
ご覧のようにお世話になった先生方から励ましの言葉の
寄せ書きをいただいて帰ってきた。

彼にとって人生最初の関門かもしれない。
ここまでくればジタバタしても始まらない。
あとは本人次第、なるようにしかならない・・・。

お蔭で風邪もひかず、体調は万全のようである。
まあ、明日もいつも通りで!!!

南無阿弥陀仏


posted by 正 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族

2015年12月19日

15回目の・・・

2000年12月15日・・・。

当時小学校1年生だった次男が500ccの大型バイクに跳ね飛ばされる
交通事故に遭遇し、全治6ヶ月の大ケガに見舞われた。

集中治療がひと段落した3日後の12月18日、四男を身籠っていた
坊守は予定日を2日過ぎて無事に出産。
今から思い返せば、次男のケガの容態を気にかけながらの出産は、
母親強しとしか言いようがない。

出産直後の私は、当時小学2年生の長男を学校に送り出し、
4歳になる三男を保育園に送り届けた後に月忌参りに出かけ、
合間にN病院の産科と外科を行ききし、夕刻に三男のお迎えと
いう状況が日が約1ヶ月続いた。

当時バタついていた私たち家族を見かねて、たくさんの助けをいただいた
ご恩は感謝しきれないくらい有り難かった。
お蔭で少々のことがあっても、あの当時の現状を考えればまあ何とかなる
という楽観的な我が家の気質は、このことが原点なのかもしれない。

痛みに耐えきれず泣き叫んでいた次男も日を追うごとに落ち着きを取り戻し、
誕生した四男の退院時に病室で初対面をし、久しぶりの笑顔を見せた表情は
ついこの前のように感じる。

あれから15年・・・。

!cid_38FDAD75-BC04-4EA7-8287-49A27CF133E0.jpg

!cid_A7E603BC-E65D-48E2-95A1-E358A5311604.jpg

!cid_E964F4B3-0287-4B7A-AEBC-8E7790C32561.jpg


昨日が四男の15回目の誕生日!
お蔭で本当にここまで何とかたどり着いたという感じ。
ということで、本人のリクエストによりアディダスのスニーカーをゲット(^_^)/
そしてささやかながらケーキを囲んでのお祝い!!!

あの頃は私もまだまだ若かったなあ〜
posted by 正 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族

2015年10月25日

新たな始まり!!!

先日にこのブログで「寺院消滅」について書いた。

戦後の農地解放による寺院の経済基盤の弱体化、
人口流失による地方の衰退などの社会構造の急激な変化に
よるものだと分析されている。

その結果、葬送儀礼の脱宗教化が加速してきている。
門徒(檀家)意識の希薄化や葬送儀礼の無理解が
生まれてきている。

以前は三世代同居が当たり前で、それぞれの家庭には必ず
お仏壇がご安置されており、手を合わす姿、お仏壇をお給仕する
光景があった。

DSCN1363.JPG
     正福寺にご安置されたお仏壇

数か月前、あるご門徒さんからお仏壇の相談を受けた。

そのご門徒さんは元々ご主人とおふたりで大阪市内に居住されていた。
約10年ほど前、ご主人がお亡くなりになられたのを機に、
神戸に嫁がれた娘さんの近くのマンションへ引っ越されて
ひとり暮らしが始まった。
お仏壇も同様に大阪市内から神戸へお引越し。
その際、お洗濯(仏壇の修復・メンテナンス)をされ、
見違えるように輝きを取り戻し、立派できれいなお仏壇に蘇った。

しかし、時間の経過とともにご本人のお身体の調子が・・・。
東京在住のご長男家族と神戸在住の娘さんとの家族会議の結果、
ひとまず娘さん家族と同居されることになり、神戸のマンションを
引き払うことに・・・。

ここで問題はお仏壇をどうするか。
娘さんのご家庭の宗派は違う、ご安置するスペースもない。
処分するしかないのか???

以上が相談の内容で私も思案した。

結論は拙寺の和室にお迎えし、引き継いでご安置しよう!!!
それぐらい大きい立派なお仏壇であるから・・・。

そのことをご当家お揃いでの月忌参りの折にこう伝えた。
「今後は、正福寺がお受けし引き継いでお給仕させていただきます。」

皆さん、涙を流され喜んでいただいた。
「私の代でこのお仏壇を絶やすことは、先人の方々に申し訳ない。」
ご家庭での苦渋の選択の結果であったのだろう。
今回のことは、決して稀なケースではない。

さて、そうと決まれば早速お仏壇の転座のための手配を済ませ、
正福寺の和室に納まり、ご安置となった。

DSCN1364.JPG

その際、ご本尊(阿弥陀如来絵像)のお軸の裏書に本願寺第14代寂如上人
(1651〜1725)の署名、右脇壇・親鸞聖人、左脇壇・蓮如上人のお軸には
本願寺第19代本如上人(1778〜1826)の落款がそれぞれ確認ができた。
つまりご本尊は約300年前、両脇は約200年前のものと判明した。

あらためてお仏壇を中心としたお念仏の相続をされておられたことに
頭の下がる思いで一入である。

同時に私たちにとっても新たな始まりである。

南無阿弥陀仏




posted by 正 at 23:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族

2015年08月31日

夏の終わりに!

1441031271409.jpg


早いもので、8月最終日。
夏休も今日で終わり、と言いたいところであるが、
数年前から休みも一週間程度繰り上げられている
学校もあるようだ。

我が家の決まり事で、この8月31日の夏休みの最終日に
京都・大谷本廟へのお墓参りすることとなっている。
本日、長男は仕事、四男は学校ということで欠礼、
坊守・次男・三男とともに例年通りのお墓参りのご縁に…。

1441031268473.jpg

何気ない恒例のお墓参りではあるが、小雨の降る中
今年も無事にお参りさせて頂けたことを有り難く感じる。

同時に、本願寺勤務時代の先輩、同期、また現在勤務している
大学時代の同級生のお嬢にも出逢うことができ、
これもまた有り難い。

1441031270226.jpg

その後、坊守や息子たちの希望で滋賀県竜王町にある
「三井アウトレットパーク竜王」まで足を延ばしてお買いもの!
歩き回っての買い物、正直私は苦手で疲れ倍増かも(苦笑)

こころのけじめと気分転換!

さあ明日から9月!
心機一転、心新たに・・・。

南無阿弥陀仏
posted by 正 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族

2015年05月13日

残念ながら・・・

軍艦島.jpg
     行けずじまいの端島(軍艦島)

!cid_D65A478B-0840-44F2-9A7C-5F2BB3956A0C.jpg
     心ばかりのお土産

我が家の四男(中3)が先週より2泊3日で長崎方面へ修学旅行に。

先日、世界文化遺産に登録するよう勧告された端島(軍艦島)にも
渡るという。
私も以前から気になっていて、行ってみたいと思っていた場所。
このいいタイミングで観光できると思いきや、台風の接近により、
初日は晴れたものの、2日目は小雨模様、3日目は雷雨と強風により
やむなく日程変更。
結局、軍艦島にも行けずじまい・・・。

残念!!!

でも彼らにとっては、どこに行こうとも天候がどうであれ、
3日間行動を共にし、寝泊りすることが何よりも楽しかった様子。

私ですら30数年前の中学の修学旅行、結構今も記憶に残っている。
同じ長崎方面で平和祈念公園、グラバー邸・・・。

そんな四男、昨日夜無事に帰阪。
本日振替え休日にて只今爆睡中!!!

posted by 正 at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族

2015年05月01日

お出かけ!

長男夫婦の都合で今日は孫を預かることに。

天候も良く、孫もどちらかというとアウトドア派のようで、
外に出たがる様子を見て、急遽坊守とお出かけすることに…。

image.jpg

image.jpg

行き先は天保山マーケットプレース!
「あっち…︎」
と彼女の発するおもむくままの言葉に、大阪湾の遊覧船「サンタマリア号」に
乗船、途中アイスを食べながら大観覧車に乗り…。

image.jpg

image.jpg

image.jpg

予想のつかない彼女に付いて行くのも結構体力がいります。
ヘトヘトに疲れながら夕刻に帰宅。

帰るなり彼女も疲れたのか、すやすやと夢の中…。
寝顔を見るとまあ癒されますね!

爺・婆、体力と僅かながらのお金が必要です(苦笑)
posted by 正 at 22:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 家族

2015年03月26日

毎年恒例の!

image.jpg

image.jpg


お彼岸の期間も終了し、ちょっとひと段落。

昨日は、我が家に恒例行事、京都・東山五条の大谷墓地への参拝…。
今年は坊守と三男・四男とのご縁。

image.jpg

image.jpg

花冷えのする1日ではありましたが無事参拝。
何気ない毎年恒例の行事が完遂できるこが何と有り難い。

南無阿弥陀


posted by 正 at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族

2015年03月01日

飛翔!!!

DSCN0921.JPG

DSCN0928.JPG

!cid_7A2CDEC7-06A9-4AEB-B6AB-2B7D935BA826.jpg

昨日は、三男の卒業式。
あっという間の三年間だった。

3年前を思い出す。
入学前の制服合わせと硬式野球部の説明会でのこと。
入部予定の選手に配られたペーパー。

そこには名前、住所、身長、体重、ポジション・・・。
さらには、所属していた中学時代の野球チームと戦績。
そして自己ピーアルの欄。

他の選手のペーパーを見ていると
ボーイズリーグ全国大会出場、リトルシニア全国大会ベストナイン・・・。
遠投〇〇メートル、ベースランニング〇〇秒・・・。
殆どの選手は記入欄を埋め尽くすほど書き込んでいて、まさに中学野球の
エリート選手の集まり。

さて、三男といえば中学時代、特に輝かしい戦績があるわけでもなく、
小柄で非力、肩も走力も普通。あえて言うならちょっと守備には自信が
ある程度の極々普通の選手。

本人のペーパーを覗いてみると、
    戦績―特になし
    自己PR―どんな厳しい練習にも耐え忍ぶ心

これを見て本人の覚悟を確信した。
しかし親としては正直不安もあった。
というのも学校の看板があまりにも大きい。
入学する学校は、我が宗門の系列学校ではあるが高校野球界では、
伝統校かつ名門であり、また関西でも練習と礼儀の厳しさには
名高い龍谷大平安高校硬式野球部。

早朝より大阪から京都まで通い、練習後の帰宅は11時過ぎ。
1年生の時は生活に慣れる、野球の練習についていくので必死。

昨年は、選抜高校野球大会全国制覇を成し遂げた。
実質2年半の高校野球、残念ながら一度もベンチ入りすることは
できなかった。
しかしながら、自分から名乗り出て応援団長をかってでて陰ながら
チームを支えることに徹した。

!cid_A67E1BFC-7815-4B1D-82C0-BF346D0B3528.jpg


!cid_ECF9E51E-035F-468C-B3E6-BBD3785A9B06.jpg


本人なりの色々な思いはあっただろうが入学目前に掲げた
「どんな厳しい練習にも耐え忍ぶ心」を実践し続けた結果だろう。

高校時代はひとまず一区切り。

来週からは本願寺西山別院にて得度習礼。
本山本願寺において得度式を受けて僧侶の仲間入りとなる。

そして4月からは大学生。
野球と学業(社会福祉)の両立をめざし更なる飛翔を期待する!

posted by 正 at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族

2014年11月22日

朗報!

image.jpg

今日のお昼過ぎ、速達の書留郵便が…。

先の11月16日に大学の推薦入試を受けた三男の合格通知。
待つ身となれば何か落ち着かないここ数日でありましたが、
ひとまずホッとひと安心。

どういう訳か、私や坊守よりも本人は淡々といたって冷静。

何はともあれ期日までに入学手続を完了しないと入学を
許可して頂けないようなので連休明け早速済ませないと。

それはそれで大変!!!
posted by 正 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族

2014年07月14日

新兵器!!!

CIMG7306.JPG


我が家は、ご承知の通り三男(高3)・四男(中2)の食べ盛りの息子がふたり。
最近は長男と次男、家で食事をすることがめっきり少なくなったとはいえ
それでも毎日、結構な量のお米が消費されます。

また家族全員、ご飯が大好きなもので・・・。

たまたま、通販で格安の精米機を見つけ購入することに・・・。

親友の収穫した玄米を分けてもらって、炊く直前に精米した白米を
頂いておりますが、これが何とまあ美味しいこと!

ちょっとした贅沢を味わっております。

posted by 正 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族

2014年01月05日

始動

image.jpg



あっという間の三が日。

というもののご門徒の通夜葬儀も重なり、
新年早々の法務始動でありました。


さて昨日は、例年の如く長男の友人である東京ヤクルトの
山田選手家族と我が家でお食事会。

昨年は、彼の活躍でプロ野球を楽しませて頂きました。
今年はさらなる飛躍を期待してます!

ちょうどそこへ長男の小学校時代の野球のチームメイトが
新年の挨拶にやって来てくれました。

ホント楽しく賑々しいひと時にV(^_^)V


さて世間は、明日から通常通りの日常となります。

山田選手は本日早朝より自主トレのため松山へ出発しました。


それぞれの道で今年一年頑張りましょう(^o^)/

posted by 正 at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族

2013年12月18日

祝!誕生日

!cid_97BF1167-2F62-491D-9501-EE10C7A1E673.jpg


今日は、四男の13回目の誕生日!


我が家では、唯一わがままが許される日です。


本人の希望により夕食は難波で串揚げ、
プレゼントはカバンとパーカー。

!cid_9A97F2CF-580C-4C87-9162-E3673B5C9FF2.jpg


!cid_6345F641-C6E0-4E18-A483-295705166ADB.jpg


!cid_1BFD3047-750C-43D8-8347-A32621984DB2.jpg


ささやかながら家族みんなでケーキを頂きました。


本人もご満悦の様子\(^o^)/


何はともあれ親としては、健康で毎日機嫌よく学校へ
行ってくれれば…。


こんなご時世ですから、本当にそう思います。


その後、本堂の阿弥陀さんの前で

  「おかげさんで13歳を迎えることができました」

 
と手を合わせて南無阿弥陀仏。

posted by 正 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族

2013年03月19日

卒業式



image.jpg



今日は四男の小学校の卒業式。

そして坊守(妻)が保護者代表の謝辞の大役。

長男の入学から14年間お世話になり、最後のご奉公です。
長いようであっという間で、色々ありました。

今となっては懐かしい限りです。

四男も将来の夢は、甲子園に出場してプロ野球選手になると
宣言していました。

坊守も何とか役目を果たせたようです。

とにかく、元気が一番!!!

次のステージで更なる飛躍を…。
posted by 正 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族

2013年02月14日

初孫

image.jpg


昨年結婚致しました長男夫婦に元気な女の子が誕生しました。

予定日より早い誕生でしたが、母子ともに健康でひとまず一安心です。

いつかこういう時期が来るのではと思っていましたが、
まさかの40代での初孫!


正直まだピンとこないというか…。
日が重なってきて、じわじわ実感が湧いてくると思います。


ましてや、4人の息子であった我が家に女の子の誕生ですから…。

とにかく可愛いの一言です。


これから我が家の雰囲気がどう変わっていくんでしょうか*\(^o^)/*
posted by 正 at 23:31| Comment(5) | TrackBack(0) | 家族

2013年02月09日

ラストチャンス!

image.jpg



先月の終わりの我が家での会話。



私 「もうじきキャンプ(プロ野球)始まるなあ。」

妻 「香雅(四男)、ヤクルトキャンプ行きたがってるんやけど。」

四男「ぼくな、飛行機も船も新幹線も乗ったことないねん。」

私 「ディズニーランド行った時、乗ったやろ。」

四男「そんなん小っさ過ぎて覚えてへん」

妻 「4月から中学やし、今しかないよ。」



考えてみれば、四男について言えば生まれた時から兄貴たちの
野球の帯同ばかりで、あまり遊びには連れて行っていないなと…。

法務その他の所用も何とかやりくりし、結局沖縄行きが叶いました。

四男は、テンション上がりっ放し!

今日の夕方大阪を出発します。


では、後刻ご報告致します。
ただ、天候があまりよくないんですが・・・。



posted by 正 at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族

2013年01月07日

やっと平常通り!

image.jpg


子供たちにとって、楽しい冬休むも今日で終わり。

長男、次男はバイトで大忙し。

三男は4日から野球の練習が開始。

四男は毎度のことながら、お尻に火がつかないと出来ない宿題。
流石に今日はこもってやってました。

最後に残っていた新聞作りもやっと仕上がったようで、
安堵感で一杯の様子。

我が家もやっと明日から平常通りに戻ります。
posted by 正 at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族

2012年10月30日

仏前結婚式

CIMG5841.JPG

CIMG5847.JPG


先日の日曜日、拙寺で仏前結婚式が執り行われました。


詳細は後日にご報告!
posted by 正 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族

2012年08月31日

今夏も家族揃って!

CIMG5476.JPG

      大谷本廟「明著堂」


早いもので8月も終わりです。


今日8月31日は我が家の定例行事の日です。
家族揃っての京都・大谷本廟へのお墓参り&食事会です。

今年は、残念ながら三男(高1)は、野球部の練習で
欠礼しましたが、例年通り無事にお参りいたしました。


CIMG5477.JPG


やっぱり今年は暑いです。

毎年の8月31日は、暑いとはいうものの
多少の秋風が吹くのですが・・・。


さて、みんなの楽しみ(特に坊守)の昼食です。


CIMG5484.JPG


今年は、平安神宮横の

『京料理 六盛』で「手をけ弁当」をいただきました。
 http://www.rokusei.co.jp/

CIMG5491.JPG


たまにいただく京料理も良いものです!!!

後は、お香、本堂用のお灯明油等の
お彼岸へ向けてのお買い物をいたしました。


CIMG5496.JPG

   「西川油店」

特にお灯明油のお店は、

「西川油店」
  京都市下京区油小路七条下る油小路町294
  075-343-0733

永年買い求めている油専門店です。

このお店、結構おもしろいですよ。

お寺のお灯明の油はもちろん、
菜種油・胡麻油やオリーブオイルなど、
色んな油が揃っている老舗です。


CIMG5497.JPG


CIMG5499.JPG

   胡麻油を買いました!!!(味わい深いラベルです)


また店内には、油造りに使われた古い道具も
展示されています。

興味のある方は、一度お立ち寄り下さい。


さて次にお決まりの錦市場を散策・・・。

京都ならではのおばんさいを求めて帰って参りました。


今年の夏休みは2日間おまけですから、
四男は最後の宿題の総仕上げで必死です!!!


「だからもっと早くからしておけばよかったのに・・・」

毎年この言葉とともに8月は終わります。



posted by 正 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族