2018年11月13日

報恩講&あわざ寄席

報恩講.png

ちょっとご無沙汰してしまいましたm(__)m

さて11月に入り、特に浄土真宗寺院は報恩講がお勤まりになります。
報恩講 とは、90年にわたるご生涯をかけてお念仏のみ教えを
あきらかにし、私たちにお伝えくださった宗祖親鸞聖人の
ご遺徳を偲び申す浄土真宗にとっていちばん大切な法要です。

拙寺におきましても先日、近隣寺院5ケ寺のご出仕を賜り
滞りなく執り行うことができました。
法要終了後、今年は「あわざ寄席」と題して落語会の催しを!

お寺は、法要儀式はもちろん学校・病院・地域コミュニティ・
カウンセリング・芸能などの役割を果たしてきました。
そんなお寺の原点に立ち返るどいう意味での落語会。
そもそも落語もお寺でのお説教(法話)が始まりとも言われています。

さてこの度の出演は桂さこば師匠のお弟子さんで若手のホープ

桂ちゃうば さん

やっぱり技能、芸術、スポーツは本当にライブに限ります。
大変楽しく有意義な時間を過ごすことができました。

南無阿弥陀仏

65391E2D-69B5-482B-9CED-BB74364C7CDF.JPG

D02227C9-790B-4DBC-A2E7-7984A461806E.JPG

7D50B34E-3500-490E-8E16-B2CD71DB3E78.JPG

2E700D54-1AC0-4C8A-BF91-D3C480CB7CC6.JPG
posted by 正 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184932277

この記事へのトラックバック