2018年10月16日

2018『秋季華の追悼会』

IMG_0008.JPG

IMG_0057.JPG

IMG_0068.JPG


昨日『秋季華の追悼会』(ペットの追悼法要)を執り行いました。

今回も70余名の方々がご参詣下さり、有り難く尊いご縁を
いただきました。
この追悼会を執り行い始めても早いもので12年目に突入・・・。
当時は大阪市外をはじめ、遠方からお越し下さる方が
結構おられましたが、年を重ねるとほとんどの方が近隣のからの
ご参詣が増えてまいりました。

ペットを通じてお寺とのご縁を結んで下さり、そんな方々が人伝いで
拙寺のことを知って下さり、そしてまた私をはじめ坊守(妻)や
息子たちとも親しくしていただけるようになり・・・。

本当に得難いご縁だと改めて実感いたしました。
そして新たにお寺の存在意義とは何かという現実的な問題をも
実感いたしました。

追悼会終了後には、お墓やご法事の相談、ご夫婦の終活の問題など
お声掛けをして下さいました。

お寺を頼りにお話しを聞かせていただくことに、これこそお寺の
意義ではないかとも・・・。
さらには日ごろの寺院活動の積み重ねの尊さを知らされた次第です。

数月前より、拙寺が所属いたおります動物供養協議会の仲間や
ペットの葬送儀礼に関りを持つ関連企業の方と懇談をする機会が
幾たびか恵まれました。

そんな中で耳にすることは、飼い主(依頼者)の方々に
どう寄り添うかということに尽きるということです。
WebサイトやSNSで公開されている情報と現状が伴わない
現実が何と多いことか。
一見見た目や耳障りのよい言葉が氾濫していますが、
よくよく考えて見ると、一方的な押し付けではないのかと・・・。
具体的な事例を見ながら!

参詣者の方々からも色々な口コミ情報を聞かせていただき、
たくさんの戒めと学びを賜りました。

ご参詣下さいました方々、お越し下さった有縁の方々、
昨日は本当に有難うございました。

南無阿弥陀仏
posted by 正 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ペット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184687987

この記事へのトラックバック