2018年09月15日

減災

DSC_1619.JPG
     近くの公園の樹木が・・・

ご無沙汰の更新ですm(__)m

今年の厳しい夏の暑さも一段落。
そんな矢先に今月4日には台風21号により四国・近畿地方を中心に
記録的な高潮や暴雨の影響で大きな被害をもたらしました。

続いて6日には「北海道地震」が発生し震度7が計測されました。
厚真町を中心に停電、鉄道や道路のインフラにも大きな影響が
でたようです。

ここに台風21号、北海道地震において
被災されました皆さま方には衷心より
お見舞い申し上げます


拙寺においても台風21号による被害が少々でました。
外壁、山門の郵便ポスト、庫裏の雨漏り・・・
直ちに保険会社、施工業者が様子を点検していただきました。
何とか保険で賄えるとのことで一応の一安心。
しかしこの状況だけに修復作業については今のところ未定です。

ただ拙寺周辺の様子を見てみると見るも無残な光景があちこちに。
なにわ筋のイチョウの街路樹のほとんどが根元からと倒れたり
幹の真ん中からぽっきりと折れたて道路がふさがれ、
幹線道路の信号が倒れたり向きが傾いていたりです。

西区内の一部の地域が約2日間停電。
近隣の24時間営業のコンビニが数件臨時休業。
停電の友人宅のマンションでは、エレベーター・オートロックの
エントランス・室内の電化製品が全くの機能不能。
ここまでは私自身も想像のつく現象ではあります。
友人家族が一番困ったこと・・・。
それは、立体駐車場が機能せず車両の入出庫ができない事態に。

とにかく今回の台風21号はかつて経験したことのない強風を
伴った台風で時間が経てば経つほど被害のの大きさが広がって
いるように思います。

近くの公園の樹木もご覧の画像のとおりで、いまだ復興に
及んでおりません。

自然災害に対し我々人間の力には限界があります。

減災

つまり巨大災害に対して災害を防ぐのではなく、
被害が出ることを前提にできるだけ少なく抑える
という考え方です。
昨今、勃発する自然災害からの被害を完全になくすのは
不可能なほどの大きな災害が続いています。

しかしながら日常の備えや取り組み、意識を持つことに
よって最小限にとどめることは可能なのかもしれません。

今回の被害を教訓にもう一度災害に対して向き合ってみなくては。
起こらないに越したことはないのですが・・・。

天災は忘れた頃にやってくる!

南無阿弥陀仏


posted by 正 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184431652

この記事へのトラックバック