2018年08月23日

2018高校野球 選手権最終章

Screenshot_20180823-221321.jpg

Screenshot_20180823-224712.jpg

DSC_1548.JPG

今年の高校野球選手権大会…

ご承知のとおり100回の記念大会が大阪桐蔭の
春夏連覇で閉幕。

大阪桐蔭の選手の皆さん、関係者の皆さん
おめでとうございます。

昨年の悔しい敗戦から厳しい練習に耐え、
その結果春の選抜大会に優勝!
全国の高校球児が打倒・大阪桐蔭として迎え、
相当のプレッシャーの中激戦区北大阪大会を制しました。
振り返ってみれば、準決勝対履正社戦、1点をリードされた
9回2死走者なし。
窮地に追い込まれた場面から4者連続四球で追いつき、
結果逆転勝ちをしたのが一番苦しい試合だったかもしれません。

今年の大阪桐蔭のメンバーは、心・技・体が充実し、
さらにはチームワークも含め、高校野球史上最高のチームだと
私自身はそう思います。
対戦相手へのリスペクトも・・・。

一方準優勝の金足農業高校の選手の皆さん、関係者の皆さん
たくさんの感動をありがとうございました。
公立高校であるが故に、地域に根差した選手ばかりのチームで
昨今忘れかけていた高校野球の原点を思い出させてくれたような
気がします。
特に孤軍奮闘の吉田投手、本当にお疲れさまでした。
間違いなく今大会の最高の投手であったように思いますし
最高殊勲選手に値する活躍でした。

その他地方予選連続で1回戦敗退していた白山高校(三重)
100回大会で甲子園100勝を挙げた龍谷大平安(京都)

そしてレジェンド達の始球式…
松井選手(星稜)、石井投手(簑島)、牛島投手(浪商)
平松投手(岡山東商)、金村(報徳学園)、坂東(徳島商)
水野投手(池田)太田投手(三沢)など。
その中でさすがだと感じたのは、桑田投手(PL学園)。
彼自身、甲子園のピッチャーマウンドは特別聖地なんだろうと。
何と始球式にきちんとスパイクはいて投球していました。
私の知る限り、レジェンド達の中では彼だけだと思います。

今大会も夢と希望と夢をたくさんいただきました。
結果的には1日だけの観戦となりましたが、
やっぱり甲子園は最高です!

DSC_1499.JPG

最後に甲子園に出向いた時には我が家のお決まり、
甲子園の外周路に埋め込んである息子たちの名前の刻んだ
レンガを確認です。

有難う甲子園!!!
posted by 正 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184246161

この記事へのトラックバック