2018年07月31日

微力ながら・・・

DSC_1439.JPG

例年になく厳しい酷暑が続く今年の夏。

7月も終わろうとしています。
先月の大阪北部地震に続いての先日の西日本豪雨。
そしてかつての進路予想が全く真逆なこの度の台風・・・。

お亡くなりになられた方々ご家族には、謹んで哀悼の意を表し
お念仏申し上げますとともに、被災されました方々には
お見舞い申し上げます。

幸い私たちは、大きな被災を受けることはありませんでしたが
改めて自分たちにできうることは何なのか考えさせられる
機会でもありました。
自然に対して、私たち人間は本当に微力で太刀打ちできない
部分が多いのかもしれません。

今ブログに書き込みをしているこの瞬間も酷暑の中、困難な生活を
強いられている方々がおられると思うと・・・。

そんなモヤモヤな思いの中、先日家族一同で何かできることは
ないものかと話をいたしました。

結果、じっとしていても何も始まらない。
現地へ行って復旧作業のボランティア活動にいこうと・・・。

早速、広島に居住する大学時代の友人たちとコンタクトを取り、
本願寺広島別院内のボランティアセンターへ登録を済ませ現地入り。

残念ながら私は法務が重なり、お寺で留守番。
坊守と高校野球の現役引退したばかりの四男が本願寺広島別院へ。

1533010987805.jpg

1533010973665.jpg

1533011002716.jpg

ここからは、二人からの話。

1階部分のほとんどが泥で埋もれていて、人力でないと作業ができず
先が見えない気の遠くなるような作業。
この酷暑の中、朝から晩まで心身ともに疲労困憊。
現場に行かないとわからない現状ではあるけれど、一人ひとりの
寄り添う気持ちが、また周りの人の気持ちを動かして大きな力となって
いくのだと。
時間が経つと忘れられ、場所が離れていると情報が薄らいで・・・。

ボランティア活動以外にも私たちのできることを見つけて
行動を起してみませんか。

南無阿弥陀仏

posted by 正 at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
こんにちは!
私にも何かできる事はありますか?あったら教えて下さい!無知だし、経験がないと何をしていいのか分からないのが本音です。何も出来ないのは不本意ですし、微力でも!助け合いですよね。
Posted by まりも at 2018年08月02日 17:09
まりも さま

コメントありがとうございます。
西日本豪雨から早1ケ月が過ぎようとしていますが、この酷暑の中、復興が思うように進んでいたいとのことを聞いております。
現実的なことを申せば人力、つまり屋内になだれ込んだ土を取り除く作業等の人手が必要だとのことのようです。
ただ、個々それぞれ災害に対する受け止め方、日常生活の様子、体力と健康状態など異なりますので向き合い方も違うと思います。

今必要なこと、もう少し時間が経ってから必要なこともあると思いますので、現状を風化させず小さなことでもできること寄り添うことが大切だと思います。

本当に微力でも、ホント助け合いだと。。。。
Posted by 正 at 2018年08月08日 00:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184065765

この記事へのトラックバック