2017年11月28日

会釈

会釈.jpg

会釈 とは、人に対して親しみ・好意・謝意を表すために
頭を軽く下げることす。
そこには相手に対する思いやりや尊敬の心が根底にあるように思います。

我が家の息子たちにも幼少の頃から、とにかく出逢った人には
会釈・挨拶を忘れないようにと伝えてきました。
何といっても私たち人間は、たくさんの方々にご縁をいただいて
生かされています。
だからこそそのご縁を大切に繋げていく第一歩は、会釈・挨拶に
尽きると思います。

私自身も日々、たくさんの方に出逢います。
気持ちよく挨拶・会釈して下さる方もいますが、
残念ながらそうでない方もチラホラ・・・。
できない方は、決して年齢ではないですね。
会釈・挨拶が不十分ですと自然と人も離れますし・・・。
せっかくのご縁が!!!

さてこの会釈という言葉は 和会通釈(わえつうしゃく)という
仏教用語を略した言葉です。

@前後相違して見える内容を互いに照合し、意義の通じるようにすること。
A前後の事情をのみこんで、理会すること。
B相手の心をおしはかって対応すること。応接のもてなし。
C思いやり。
〓『広辞苑』より〓

今年流行った「忖度」の意に近い・・・

皆さん笑顔で会釈・挨拶です(笑)

南無阿弥陀仏
posted by 正 at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181699844

この記事へのトラックバック