2017年10月13日

排除!?

Diet_of_Japan_Kokkai_2009.jpg

先日の衆議院解散にともなう総選挙の公示。

日本の将来は一体どうなるのだろうか?
永田町は慌ただしく、とりわけ日本全国選挙戦に
突入した訳だが・・・。
先月末からの政界のニュースを見聞きしていると、
情勢の変化が目まぐるしい。
特に政治家の発言、行動については過敏に
反応するものだつくづく思う。

政権政党の責任を充分に果たし切れていない政党
世情の勢いのまま誕生した政党、
ここ数年勢力を伸ばすことができず消滅(?)した政党
所属政党から離脱して新たに誕生した政党

混沌とした状況の中で、多くの者がさまざまな角度から
揶揄するような声を聞く。

勢いと斬新的な政策に鮮度を感じてついつい何かしら
期待を持たせてはいるものの既に賞味期限切れなのだと・・・。

また逆に替わり映えのしないマンネリ化と称してはいるが、
熟成されて熟味を増していると・・・。

勢い、ブーム、流行りは必ず終焉がやってくる。

特に政治の世界は、欲張りすぎて器以上の実務が課せられると
それは綻びの始まり。

よくよく考えてみれば、決して政界だけの話ではないのかもしれない。

私たちの日常のごく身近な生活の中においても同様のことが言える。

要はまず自らの立ち位置を見据える。
そしてこの先どういう意図をもってどの方向に一歩を踏み出すのか。
揺るがぬ確信たるものを持つということなのだろう。

それには互いに意見交換そを重ね、お互いの違いを認めつつ
協調していくことが求められるものだと私は考える。

先日ある政治家から国会議員に対して「排除する」と言葉が発せられた。
『広辞苑』によると「排除」とは押しのけてとりのぞく 
と記されている。
つまり相手を受け入れるという姿勢はうかがい知れない訳である。

この「排除」という言葉ひとつで政局が一変したようにも思う。
現実、致命的な表現と称する政治学者もいるようだ。
愚弄されたように受け止めた者も少なくない。
人間の愚かな本質を見抜かれたまさに愚の骨頂年としか言いようがない。

投票日までまた一波乱が起きそうな気配を感じるのは私だけだろうか。

南無阿弥陀仏


posted by 正 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181275199

この記事へのトラックバック