2016年11月30日

追想

!cid_57E33FDD-F57B-406A-8C66-B5E4E88C683D.jpg

今日で11月も終わり・・・
今年も残すところ1ヶ月となりました。

一年を振り返りながら、反省するところは反省し、
有り難く成し得たことは素直に感謝させていただく・・・
そんな想いになる時季となってまいりました。

今月、忘年会と称した食事会は既に2回終えました。
来月にはあと4回、予定が控えております。
これもたくさんの方々とのご縁の賜物です。

先日、以前に拙寺の事業活動に関わって頂いたメンバーとの
宴がありました。
このメンバーとの出逢いは今から7〜8年前。
その間、概ね3〜5年ほど関わりがあり今日に至っています。

現在も継続して拙寺をサポートして頂いている者、自らの個性や
類稀な技術を生かしながら、あるいは人生のギアチェンジをした者。
一同それぞれの環境下で日々充実した毎日を過ごしている事の現実に
何とも言えぬ安堵感と充実感をうかがい知ることがでました。

このメンバーと関わっていた頃とは、世の中も変わってきました。
当時の懐かしい回想に一種の学びのような事を互いが感じ得たような
気がします。

話題の中心というと・・・

特に人間であれペットであれ、葬送儀礼の市場原理として
良し悪しはさておき、淘汰される昨今の厳しい現実であること。

そんな厳しい世情の波にのまれる者と適応していく者と概ね
2タイプに分れる。
当然ながら、波にのまれることと適応することでは全く意味も
方向性も違ってくる。
つまりは、個々の生活信条であったり企業でいう経営理念であったり、
その都度揺るぎない根幹が基となり、個々の事象に柔軟に耳を傾ける
ことができるかどうかが分かれ目なんだと。

そこには必ず、緻密な短期・中期・長期の将来設計や展望があり
そして構築していくには志を一にした互いのつながりと信頼関係が
必須条件かもしれない。
特にお寺としての性質上、信頼関係で成立している要素が大きい。

こんな風に意外と真面目な話と当時の教訓を生かした話で
盛り上がりながらの空間でした。
一緒に参加してくれた子供たちの成長の様子を見ていると、
時の流れを感じずにはおれません。

時間が過ぎた分、私たちも真実を見極める眼が養われ
成長できたのならこれほど有り難いことはありません。

互いを刺激し合いつつ、またの機会に話は持ち越しです。
また有り難くも楽しいご縁をいただきました。

南無阿弥陀仏
posted by 正 at 20:52| Comment(2) | TrackBack(0) | ひとりごと
この記事へのコメント
昨日は久々みなさんに会えて
本当嬉しい&楽しかったです(*^^*)

次回は年明け!?笑
楽しみにしてます〜♪(≧∇≦)
Posted by るみ at 2016年11月30日 21:58
るみ さま

本当に不思議なご縁ですね・・・
また次回は、鍋? 焼肉?

ヨロシクたのみます(^_^)v
Posted by 正 at 2016年11月30日 22:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177882180

この記事へのトラックバック