2018年03月05日

春近し!

myhome.jpg

一時期の厳しい寒さも峠が過ぎ、僅かながら日差しも和らいで
きたようにも感じる、今日この頃・・・。

例年の如く、境内の梅花もご覧のとおり!

気付かぬうちに季節は移り変わってきています。

“暑さ寒さも彼岸まで”

寒さももう暫くの辛抱のようです(^^)v

南無阿弥陀仏
posted by 正 at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2018年03月16日

暑さ寒さも・・・

11242.jpg

一時期の厳しい寒さは和らいだものの、今年は特に寒暖の差が激しく
体調を崩しておられる方が多いように思います。

さて来週から「お彼岸さん」です。
古来より日本人は春秋の年二回、太陽が真西に沈むこの時期を
「お彼岸」として暮らしてきました。

遠く彼方に沈む夕日を眺めて亡くなられた先人の方々を偲び、
お浄土への心に思いを馳せる時間として受け継がれてきました。

P07-05.jpg

しかしながら昨今の現代人は、仕事や子育て、その他諸々の事情に
慌ただしく走り回り、気が付けば身も心もすり減らしている日々では
ないでしょうか・・・。

余りにも世の中の変化するスピードが速すぎたり、我々自身にも
時間にも心にも余裕がなく、周りの景色を見落としていことが
何と多いことか。

歩きながら周囲を見る景色、車窓から眺める景色・・・。
移動スピードが加速すればするほど視界が狭くなり、
見えていない景色が増えていること同じようなことが、
私たちの生活にも起きているのではないでしようか?

つまり、見落としてはならない大切なものまで見えにくくなり
忘れて気付かなくなっているということです。

車移動の多い私自身も、時折歩いたり自転車で走ってみると
近隣でさえ街の変化に気付かないこともよくあります。

どれだけ見落として気付けていないことが多いことか・・・。

ここでたまには体感時間を緩めてゆっくりとした時間を
過ごしてみませんか・・・。
そして、このお彼岸の時期に今生かされているこの私の
いのちに向き合ってみては如何でしょうか。

拙寺での一足早めの彼岸会法要が明日勤まります。
よろしければゆったりとした時間をご一緒しませんか。

南無阿弥陀仏



posted by 正 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月22日

2018高校野球 センバツ其の1

Screenshot_20180322-183327.jpg

さて明日から「第90回記念選抜高校野球大会」が開幕します。

現役高校球児である我が家の四男は、昨秋の春季大阪大会にて
初戦惜敗ため甲子園の道は遥か彼方・・・。
また春夏の甲子園大会において、ここ近年誰かしら縁のある選手が
出場していましたが今大会はゼロ。
長男・次男・三男の所属していたチームも出場できず。

そういう意味では若干、寂しい大会の感じがします。

やっぱり甲子園は高校球児に憧れであり聖地でもありますが、
土を踏み入れるということは簡単ではありません・・・。

そんな思いで明日から熱戦始まりますが、まずは何といっても
開会式の選手宣誓。

そんな選手宣誓で私が最も印象に残っている年があります。

それは今から7年前のセンバツ大会。
開幕直前には、あの東日本大震災が発生した大会です。
当時は未曾有の大災害で会ったことや人々の心の状況もあり、
開催をするか否か議論となりました。

結論としては、様々な対策をした上で大会は日程通り開催されました。
そして選手宣誓に選ばれたのが創志学園の野山慎介主将でした。
実は創志学園は創部1年目でセンバツ出場を決めたチーム全員1年生、
主将の野山選手も選手宣誓時はまだ1年生でした。

その彼の選手宣誓の内容が何とも心に染みました。
全文は以下のとおりです。

   私たちは16年前、阪神淡路大震災の年に生まれました。
   今、東日本大震災で多くの貴い命が奪われ、
   私たちの心は悲しみでいっぱいです。
   被災地ではすべての方が一丸となり、
   仲間とともにがんばっておられます。

   人は仲間に支えられることで、大きな困難を
   乗り越えることができると信じています。
   私たちに今できること。それはこの大会を精いっぱい
   元気を出して戦うことです。

   がんばろう 日本。

   生かされている命に感謝し、全身全霊で正々堂々と
   プレーすることを誓います



東日本大震災からまだ10日程度しか経っていない中での見事な選手宣誓。
被災地だけでなく日本中を勇気づけられた当時が思い出されます。

ついつい勝負にこだわった見方をプロ野球ならいざ知らず、
高校野球に当てはめてしまっていることに反省です。

夢をあきらめず全力でプレーする。
そして野球ができることに、また生かされているいのちに
あらためて感謝する。

そんな高校球児の姿に魅了され、今春も時間の許す限り甲子園です!

南無阿弥陀仏
posted by 正 at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球

2018年03月29日

春爛漫!

DSC_1016.JPG

ここ数日暖かい日が続き、すっかり春めいてきました。
お寺の近くの公園の桜もご覧のとおり、一気に満開に!

この満開の桜を眺めながら、頭をよぎるのが良寛和尚の
辞世の句といわれている歌です。

  散る桜 残る桜も 散る桜

今どんなに美しく綺麗に咲いている桜でもいつかは必ず散る。
そのことを心得ておくように・・・。

限られた「いのち」向き合いましょうというお諭し
なのかもしれません。

自らの日常生活を顧みると、色んな出来事が起き、
色んな事に出くわし、それによって悩み苦しんでいる姿が
思い返されるのではないでしょうか?

しかし、私たちは見聞きするあらゆる物事にはすべて「因果」
つまりすべてに「原因」と「結果」があります。
そして残念ながら時間を止めることはできないのです。

だからこそ、限られた時間、限られたいのちをどう過ごすか、
さらには悔いなく充実したものするかを向き合いうことでは
ないでしょうか・・・。

いろいろないのちにに支えられている実現に気付き、
そして感謝の気持ちを持って日々充実した生活を過ごさせて
いただくことが私たちの使命なのではないでしょうか。

南無阿弥陀仏
posted by 正 at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月31日

年度終わり!

お彼岸もひと段落し、いよいよ今年度も本日にて終了!

そして多くの方は、旅立ちの時季でもあり
出逢いの時季でもあります。

18-03-31-19-49-38-815_deco.jpg

この時季には例年、拙寺の門信徒合同墓地のあります
京都・東山五条の大谷本廟にて墓参・・・。
http://otani-hombyo.hongwanji.or.jp/

境内の桜は満開!
界隈は参拝者&観光客で大賑わいです。

18-03-31-19-44-57-106_deco.jpg

折角の京都ですので、京料理を堪能することに・・・。
今日は「筍亭」http://www.juntei.jp/にて
たけのこ料理を美味しくいただきました。

さて明日から4月!
年度も変わり新たに心機一転です。
新しい環境の中、夢と希望に満ち溢れた方々、
多少の不安もあるでしょうが、自分らしく活躍されることを
心より念じております。

南無阿弥陀仏
posted by 正 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記