2018年01月09日

ありがとう闘将!

Screenshot_20180109-190703.jpg

中日ドラゴンズのエース「燃える男」
中日・阪神・楽天の監督「闘将」
星野仙一さんが急死!

第一報を聞き、本当に耳を疑った。
野球界にとって大きな損失であろうと思う。

私が野球に興味を持ち始めた昭和40年代で小学生の頃、
当時、川上監督率いる巨人が王選手・長嶋選手の全盛期で
いわゆるX9時代・・・
他球団は、巨人には太刀打ちできなかった時代に、
闘志を前面に戦っていたのがエースの星野投手。
その雄姿は、子供心に今もなお色あせることなく鮮明に覚えている。

監督時代、選手には相当厳しかったようである。
同時に選手思いでもあったという。

最近の人間関係を思うとき、損得なしに本人の立場になって
言葉を発せられる人はどれだけいるのだろうか。
厳しい言葉であったり、寄り添う言葉であったり・・・。
そういう意味では、今の時代稀有の人であったのかもしれない。
亡くなられたからの星野さんの人脈の広さに懐の深さを感じる。
野球界・スポーツ界のみならず、経済界、政界、芸能界・・・。

そして人間の意識改革に長けた人でもあった。
何せ阪神、楽天をリーグ優勝にまで導いたのだから。

ファンにサインを求められたとき、星野さんは色紙には
「夢」と書き記されていた。

現役時代、監督時代を通じ、まさに私たちに夢と希望と感動を
存分に与えたいただいた。
本当に残念無念の思いで一杯。

まだ70歳ですから・・・

謹んで哀悼の意を表しお念仏申し上げます。
南無阿弥陀仏
posted by 正 at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記