2017年09月11日

無常の風きたりぬれば・・・

御文章-白骨.jpg

先週、残念な知らせが届いた。

高校・大学、ともに後輩である住職が47歳を一期として
往生の素懐を遂げられた。
中学生の娘さん、小学生の息子さんを残して・・・。

彼は宗派が推進している実践運動(教化活動)において
大阪教区では中心的な立場であり、自然災害の被災地への
ボランティア活動や保護司の活動。
そして寺族青年の野球チームの監督など・・・。

とにかく公私いとわず、積極的に行動するタイプで人望も厚い。

ちょうど今年の5月の末、仲間数人と食事する機会があったのだが、
彼も顔を出してくれていたものの、大柄な体が小さく見えた。
心なしか元気がなさそうにも思えたが、いつも通りの会話を・・・。
今から思えば、その頃から本人は辛かったかもしれない。

そして8月のお盆過ぎから、SNSの反応が途絶えた。

私もご門徒のご法縁のたびに「世は無常なり」とお伝えしてきた。

  されば朝(あした)には紅顔ありて、
  夕べには白骨となれる身なり。
  すでに無常の風きたりぬれば、
  すなわちふたつのまなこたちまちに閉ぢ
  ひとつの息ながくたえぬれば、
  紅顔むなしく変じて桃李のよそほひを
  失ひぬるときは、
  六親眷属(ろくしんけんぞく)あつまりて
  ながきかなしめども、さらにその甲斐あるべからず。

  
これは、本願寺第8代蓮如(れんにょ)上人が、今から約500余年前に
当時衰退していた本願寺を復興するために、親鸞聖人の教えをわかりやすく
手紙形式で綴った「御文章(ごぶんしょう)」で布教活動を行った。
その中に収められた『白骨の章』の一節である。

  朝には血色の良い顔をしていても、夕刻には白骨となる身であります。
  ひとたび無常の風が吹いてしまえば、即座に眼を閉じ、
  ひとつの息が永く絶えてしまえば、血色の良い顔がむなしく
  変わってしまい、桃やすもものような美しい姿を失ってしまえば、
  すべての親族・親戚が集まって嘆き悲しんでもどうする事もできません。

日頃から「無常」とは、身の回りにあるあらゆるものは常ならざること、
移り変わって少しもとどまらないこと、生滅変化することであると
心得ているつもりではある。
しかし、いざ身近な方、大切な方、家族のいのちが突然途絶えるような
ことが起きうるのもこの娑婆の世界でもある。

ご家族はもとよりご縁のあった方、そして何よりも本人自身、
残念無念であろう。
私自身も何とも言えぬ空虚感で一杯である。
彼からあらためて娑婆の世界の厳しさを教えられたような気がする。

茲に謹んでお念仏申し上げます。
南無阿弥陀仏
posted by 正 at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2017年09月20日

伊勢講(いせこう)

1505901333381.jpg

〓伊勢講(いせこう)〓
  伊勢神宮を信仰する人々の団体。室町初期より各地に成立。
  (毎月)一定の日に集まり飲食し、平生より醵金して交代で
  あるいは総員で伊勢参宮し、太神楽を奉納した。
  【『広辞苑』より】

そもそも伊勢講とは、『広辞苑』で記されたとおりであろう。
その地域的な名残なのか・・・。
奈良で生まれ育ったわたしであるが、実はその地域にこの伊勢講の
仕組みが残っている。
昔は各集落に住するものが、五穀豊穣などを願ってこぞって
いわゆる「お伊勢さん」に出向いていたのであろう。
集落の絆の結束培うためにも当時としては一大イベント
だったかもしれない。

それから時代が流れ、お伊勢さんにお参りに出かけることは
いつしかなくなったが、一定の日に飲食する事だけは残った。
同じ地区(集落)に育った同級生が同じ「講(こう)」となり
お互いを「連中(れんちゅう)」と呼び合う。
そして飲食をする日時・会場・会費等の準備、今でいうなら
幹事役のことを「宿(やど)」と称した。
おそらくお伊勢さんへの道中の宿場を手配する役目からだろう。

この仕組みというか習慣が小学校1年生から春秋彼岸時期の年2回、
1回たりとも断ち切れることなく現在もなお継続されている。
小学校時代は、昼と夜の食事。中学校時代は夜のみの食事。
ここまでは、宿の自宅で親が接待する。
さて私たちの連中は10名、小学校から誰一人かけることなく
今に至っている。
生まれ育た実家に住する者5名、実家近隣に住する者2名
奈良県外に住するもの3名。

職業も見事にバラバラ…
ハワイアンレストランオーナー、カットサロンオーナー、医者、
大手家電名メーカー、溶接工、僧侶etc
みな違って話が尽きない。

先日、伊勢講で久しぶりに近鉄電車に揺られて昔慣れ親しんだ
近鉄大和高田駅まで。
当時の面影は少なく、時の経過を感じずにはおれない。
しかし連中と出遇うと一瞬にしてタイムススリップして幼少の頃が
よみがえってくる。
今年で48年を目を迎える「伊勢講」。
「伊勢講」50周年にむけて目下旅行を計画中。

50を過ぎると年に2回のひと時が何とも有り難い。

南無阿弥陀仏
posted by 正 at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年09月21日

千日回峰行

wst1709180044-p4.jpg

比叡山延暦寺の一山善住院住職、釜堀浩元さんが
比叡山中などを巡礼し、地球1周分に当たる
約4万キロを踏破する天台宗の荒行「千日回峰行」を
終えられた。
記録が残る比叡山焼き打ち(1571年)以降51人目で、
戦後14人目だそうだ。

比叡山延暦寺に伝わる荒行「千日回峰行」に7年間にわたって
挑んできた僧侶が、9日間の断食などの難行を乗り越える修行。
【天台宗】http://www.tendai.or.jp/shugyou/index.php

その中でも特に「堂入り」と言われる最大の難行は、
比叡山中の明王堂にこもり9日間、断食、断水、不眠、不臥で
不動真言10万回を唱える。

まさに人間として精神的・肉体的に極限まで自らの身を
追い込むということだ。

私たちの宗派の開祖である親鸞聖人もこの比叡山で
9歳から29歳までの20年間修行をされた。
20年修行を積まれても自らの力で悟りを得ることに
限界と疑問を感じて比叡山を下りられた。

しかしこの比叡山での修業時代があったからこそ、
親鸞聖人はお念仏の教えに出遇われた。

比叡山は日本仏教の源流である。

南無阿弥陀仏
posted by 正 at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教

2017年09月24日

台風接近で・・・

1.jpg
     家族全員集合

1506174040445.jpg
     孫からの贈り物


お彼岸とは春分の日と秋分の日を中日として、
その前後の3日間を合わせた7日間の期間です。

そもそも「彼岸」という言葉の意味は、生と死の海を渡って
行きつく悟りの世界のことを言います。

反対に私たちがいる、苦しみや迷いがたくさんある
この現実世界を「此岸(しがん)」と言います。
彼岸は西にあって此岸は東にあると言われています。

そのため、お彼岸の時期である「春分の日」と「秋分の日」は
太陽が真東から真西に沈むので、彼岸と此岸が最も近い日で
あるとされて日本人はこの時季にご先祖にお墓参りをします。

お彼岸は日本独自のもので、意味は古代インドから来て
浄土真宗の浄土思想と結びついて始まったようです。

浄土思想とは苦しみや迷いが全くない世界(極楽浄土)は
遙か遠くの西方にあると信じている思想です。

その太陽が真西に沈むのを見た人々が、遙か遠くの西にある
極楽浄土に思いをよせて拝むようになったのがお彼岸の
始まりと言われています。
故に亡くなった人に供養したり、交信したりするような心情での
お参りではなかったようです。

しかしながら日本には仏教が来る前からご先祖様に感謝したり、
農作物に対して感謝をする習慣がありました。
お彼岸にはご先祖様に農作物の豊作の感謝するという意味も
あったのでしょう。

お彼岸の時期にお寺やお家のお仏壇やお墓参りをする場合は、
お供え物として仏飯・お餅・菓子・果物など、
この私がいま生かされていることへの感謝の思いを
感じていきたいものです。

さて、拙寺の秋季彼岸会。
ご案内のとおり今年は少し早めの17日の法要でありましたが、
前日からの台風接近に伴い近畿地方が直撃という予報。
警報も発令されいましたので、奈良・橿原市からお越しになる
ご講師の中川先生にも急遽出向を取り止めていただきました。

当日の法要は、一応予定どおり内仕舞にて執行いたしました。
予想いたしてほどの雨風ではなかったものの、足元の悪中
10名程お参り下さいました。
本当に有り難いことです。

我が家も昨今、家族全員が揃うことがほとんどない中、
四男(高2)もさすがに当日の野球部の練習が中止となり、
何と全員勢揃い!!!

正直台風接近により彼岸会法要施行にあたっては、
ヤキモキしていたもののそのお陰で全員勢揃い。
これまた有り難いご縁です。

人間万事塞翁が馬

南無阿弥陀仏

posted by 正 at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族