2017年03月07日

春近し!

DSC_0365.jpg

ああっという間に2月が終わり、早3月に!

とはいうもののまだまだ不順な気候が続いています。
しかしながら境内の梅の木はご覧のように一気につぼみから花が・・・

僅かながら少しずつ春が近づいてきているようです。
皆さまにもちょっと春の気分をおすそ分けです(^^)v

南無阿弥陀仏
posted by 正 at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月09日

幻の本塁打!

!cid_15D45D60-4C86-47B6-A8BF-42F58CB6D160.jpg

先日よりWBCが始まった。

強化試合・壮行試合では多少不安の残る侍ジャパン。
いざ本番が始まると、1次ラウンドのキューバ戦、
オーストラリア戦と連勝。

幸先の良い滑り出しだ。

我が家一押しの山田選手、絶好調とは言い難いものの、
徐々に調子を上げてきた様子。

さて1戦目の対キューバ戦。
同点の4回2死2塁での山田選手の打席、捉えた打球が
レフトスタンドに・・・。
何とこの打球、最前列で観戦していた中学生がとっさに
グローブで捕球してしまった。

リプレー検証の結果、2塁打と判定されてしまった。
実際テレビ観戦していた私も、本塁打か否か微妙な
打球ではあった。

私自身もあの場面で自分の方向に打球が向かってきたら、
本能的に中学生と同様におそらく手を出していただろう。

しかしその後、少年には大変なことが起きたそうだ。
先ず警備員に注意され、席にはいられなくなったということと、
さらにはSNS上で非難するような書き込みで、結局のところ
試合終了を待たずに球場を後にしたと言う。


私は捕球した彼に言いたい。

決して悪くない、気にするなと・・・。

考えてみれば、外野席での観戦でありながらグローブを持参。
おそらく侍ジャパンの本塁打を期待して応援していたのだろう。
間違いなく野球好きの野球小僧だ。

そしてこの事態を知った当の山田選手からコメントが出された。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170309-01789496-nksports-base

このコメント記事を目にしながら、以前山田選手から直接聞いた
こんな言葉を思い出した。

「野球少年から憧れる選手になりた!」

山田選手からのコメントを通じての思いが彼に届いたのなら、
今回のことについて彼も報われるだろう。
そして山田選手は、少年にとって憧れのプロ野球選手となるだろう。

山田選手、あっぱれ!!!
posted by 正 at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球

2017年03月17日

南御堂

御堂筋.jpg

大阪のメインストリートである「御堂筋」。

北の玄関口梅田と南の玄関口難波を船場・島之内経由で結ぶ、
全長4,027メートル、幅43.6メートル(24間)の
全6車線の幹線道路、大阪の大動脈である。

1970年の大阪万博の開催を機に国道1号・国道2号と交差する
梅田新道交差点より南の全車線が南行きの一方通行となった。

かつての御堂筋は、道幅6メートル、北の淡路町から南の長堀まで
約1.3キロメートルの狭く短い道だったそうだ。
1923年、関市長の「都市大改造計画」の事業で御堂筋の
拡幅工事が進められた。
当時の常識から言えばありえないほどの大事業。

市民からは
「市長は船場の真ん中に飛行場でもつくる気か・・・」
という声が上がったのも有名な話。

しかも100年先を見据えていたという関市長の構想は、道路の下に
地下鉄を走らせる計画にも及んでいた。

今から思えば、スケールの大きい大層な英断。
しかしそれがなければ、今の大阪の街はと考えると・・・。

北御堂.jpg
     北御堂(津村別院)

南御堂.jpg
     南御堂(難波別院)<取り壊し前>

名前は、お西の北御堂(浄土真宗本願寺派津村別院)とお東の南御堂
(真宗大谷派難波別院)の寺院をつなぐ参道からの由来。

その由来となった南御堂内にある「御堂会館」が老朽化に伴い昨年閉館。

DSC_0387.JPG
     南御堂(難波別院)<現在取り壊し工事中>

現在は着々と取り壊し工事が始まっている。
新たにホテルを主用途とした複合施設に建て替えられるそうだ。
日本初の寺院山門と一体となったホテルに加え、浄土真宗の教えを
発信していくための難波別院の総合案内所や多目的会議室等を含む、
高層の複合施設と変貌していくのだという。

私の知る限りの四半世紀余りの間でも大阪の街、とりわけ御堂筋界隈の
景色も変わった。
大阪の経済的な状況のもと御堂筋沿いのビルも一時期、空きが多かったとか。

かつては近江商人をはじめ、船場で商いすることが一種のステイタスで
あったとも聞く。
そこには、何かしらの仏さまのおこころを感じる商人の風景があった。

まさに南北両御堂の仏さまからいただいた「おかげさま」

時代とともに景色は変われども、いつまでもいつまでも仏さまを感じる
大阪の街であって欲しいと願わずにはおれない。

さて明日、拙寺では春季彼岸会法要。
お念仏の声を絶やさぬように・・・。

南無阿弥陀仏

posted by 正 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | お寺

2017年03月20日

2017高校野球 センバツ其の1

DSCN2331.JPG

球春到来!!!

さて昨日より、「第89回選抜高校野球大会」が開幕。
野球ファンにとっては、待ち遠しい甲子園・・・。
例年通り出場校の事前情報収集はバッチリ!

開会式後の第2試合から長男の母校、履正社(大阪)が登場。
今年の履正社は、昨秋の近畿大会優勝、神宮大会優勝。
東の早稲田実業(東京)とともに優勝候補に挙げられている。

DSCN2332.JPG

さて試合はというと相手は強敵日大三(東京)。
先制され緊迫した試合展開でしたが、結果的には快勝!

次は甲子園で観戦!?
posted by 正 at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球

2017年03月27日

熱戦!!!

昨日は、高校野球、大相撲、ともに目が離せない熱戦が続いている。

まずは高校野球・・・。

私も40年余、高校野球を観戦しているが記憶にない。
2試合連続の延長再試合は夏の選手権大会を含めても史上初だそうだ。

再試合-3.jpg
     福岡大大濠vs滋賀学園

再試合-2.jpg
     高崎健康福祉大高崎vs福井工大福井

全く違った試合内容だが、選手にとってはまさに激闘。
選手の体調・健康管理を考慮して無理のないように願うばかりだ。

とにかく悔いのないように!


次に大相撲・春場所・・・。

場所前から新横綱・稀勢の里に注目が寄せられていた。
期待通りの相撲で12日目まで白星を重ねていた。
ところが13日目の対日馬富士戦で惜敗。
その際土俵から転げ落ち左肩を強打し負傷。

千秋楽、白星一つを追いかけての大関・照ノ富士戦。
この時点でケガの状態から見れば誰もが逆転優勝どころか、
相撲が取れるかどうかも案じていたに違いない。

実は前日の14日目の照ノ富士。
先場所大関を陥落し、今場所10勝以上の勝ち星で大関復帰を
かけている関脇・琴奨菊戦で注文相撲、いわゆる立ち合いに正面から
ぶち当たらず、かわして勝ったため館内から異様なブーイングが
起きていた。
つまりは相当精神的に追い詰められていた照ノ富士。

さてその照ノ富士との対戦。
本割に続いて優勝決定戦にも勝ち切って、新横綱の優勝となった。
正直、驚きと同時に感動なのか身震いが・・・。

稀勢の里-2.jpg

稀勢の里-1.jpg


優勝インタビューで

 見えない力を感じた15日間だった!

おそらく今まで支えて下さった方々の思い、そして厳しく指導された
先代親方の思いが溢れての男泣きだったのだろう。

甲子園も難波も熱い熱い一日だったのかもしれない。
あらためてスポーツのすばらしさを感じさせていただいた。

南無阿弥陀仏


posted by 正 at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと