2016年01月01日

慈光迎春2016

新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

さて、昨年末はお寺での葬儀があったり、恒例の餅つきがあったり・・・。
何かバタバタしているうちに時間がすぎていき、新年を迎えたとう感じで。

DSCN1496.JPG

!cid_F7D19ED8-95CC-46F3-98A3-F98E34C82E23.jpg

そんな中、本日元旦会を無事に終え、お昼過ぎから我が家恒例の正月練習で
三男・四男と汗をかいてきました。

その後、本町の北御堂へ新年のお参り!
さすがにお正月の御堂筋は閑散と・・・。

!cid_4741B3F3-D81B-4F92-BCB9-EA10BDBF2B42.jpg

今年も変わらずあわただしい一年となるような気配が・・・。

南無阿弥陀仏
posted by 正 at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月03日

飛翔2016

DSCN1504.JPG

DSCN1507.JPG

DSCN1516.JPG


今日は我が家で毎年恒例の新年会!

長男の高校の野球部のチームメイト、東京ヤクルト・山田選手家族が
やってきてくれました。
今や日本を代表する若手選手・・・。

家族でトリプルスリー達成に乾杯!!!
昔と変わらぬ屈託のない姿が何ともうれしい限りです。

今年も変わらぬ応援、家族一同頑張ります!

頑張れテツ!

posted by 正 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球

2016年01月13日

御正忌報恩講2016

!cid_5F5B2760-865F-4865-AABF-53844D74F580.jpg

!cid_CD189A85-B779-4AB6-9BA9-07D1679B2FDD.jpg


本山・本願寺において毎年1月9日〜16日までの期間、
御正忌報恩講(ごしょうきほうおんこう)が勤められています。

御正忌報恩講とは親鸞聖人のご遺徳を偲び、その後苦労を通じて
阿弥陀如来のご本願による救いをあらためて心に深く味わわせて
いただく浄土真宗にとって最も大切な法要です。

本願寺HP↓
http://www.hongwanji.or.jp/project/news/n001478.html


!cid_4F83F956-E85F-4095-B185-5B2EB440B836.jpg
  御影堂(ごえいどう)の宗祖親鸞聖人像には立派な仏華

今年も例年のごとく坊守とお参りさせていただきました。
年間を通じて最も厳しい寒さである京都ですが、私も今まで経験を
したことのないくらい暖かい穏やかな日和でした。
本願寺職員時代や学生時代の先輩・同僚・後輩とも出逢うことができ、
有り難いご縁をいただきました。

!cid_07C6F05D-D0BC-44E9-BF90-8FCE22B7B089.jpg

!cid_2267AAD3-1ADA-49C9-9070-337843FE1C86.jpg

本願寺でのお参りを済ませた後の坊守のいちばんの楽しみである昼食。
今年は桂にある京料理「筍亭」で昼懐石をいただきました。
http://www.juntei.jp/top.html
お蔭でおいしくいただきました。
ご馳走様でした!!!

南無阿弥陀仏
posted by 正 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教

2016年01月14日

選手募集!

!cid_A5B03510-1130-4118-B1F0-8092F9CEA10A.jpg

!cid_D6E9DE2C-57B2-42BB-8BA7-BD42641C539A.jpg

我が家の4人の息子が所属していました中学硬式野球チーム
「大阪西成リトルシニア」

今年3月の四男の卒団をもって13年間お世話になりましたm(__)m
お蔭でたくさんの選手・保護者の方々の出逢いがあり、有意義な時間を
過ごすことができました。
試合の結果に一喜一憂し、汗をかき涙も流しました。
今となれば全てが懐かしい想いでの1ページとなって・・・。
本当に有り難く感謝の思いでいっぱいです。

さてチームの活動はまだまだ続きます。
未来の甲子園球児を夢見て、次代の選手の募集です。
関心のある選手、興味のある選手、チーム選びを考えている選手、
まずは体験会から如何ですか?

【体験会】
  日 時:2月11日(木・祝)午前9時〜
  場 所:舞洲ベースボールスタジアム
  連絡先:事務局長 新井弘恵
      Tel&Fax 06-6562-6813
      携帯 080-5288-4529
      ※お問い合わせて下さい
posted by 正 at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球

2016年01月25日

ご一読を!

!cid_FC07955A-79E0-4ABF-AC94-2FD119D546C3.jpg

先日、難波にある大型書籍店へ!

仏教書のコーナーをのぞいてみると、このエリアには珍しく
平積みで並べられた一冊の書籍『ブッダも笑う 仏教のはなし』。

週間売り上げ売れ行きランキングのベスト10にも堂々とお目見え・・・。
早速買い求めて一気に読み上げた。
著者は、お笑いコンビ「笑い飯」の哲夫さん。
彼が仏教に関心があり、笑いのある仏教講座を開いているのは
知ってはいたが・・・。

昨今は、宗教・仏教・お寺となると警戒されているというか、
一定の距離を置いているとうのが世間の大方な感覚かもしれない。
我々お寺(僧侶)は、少しでも身近に感じて頂けるように
手は打ってはいるのだがなかなか思いどおりにはならない。

そういう意味では、私は有り難い書籍だと感じる。
哲夫さんは表紙に

   お風呂に入った時みたいに
   「気持ちいい〜」ってなるのが
   仏の教え なんです


と記されている。

仏教の素晴らしさに触れるともっともっと親近感を持って頂くことに。
さあ、自分の目線(見方)を一新してみませんか?
ご一読のお勧めまで!!!


posted by 正 at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 仏教

2016年01月27日

適材適所

!cid_93C5E982-19C5-4CA9-B1BD-EABB58DC006F.jpg

本願寺津村別院(北御堂)から毎月発行されている『御堂さん』
本日届いた2月号を見ていると、三男の龍谷大平安硬式野球の
チームメイトであり親友でもあるO君のことが掲載されていた。
「脇役魂に心打つ」という特集で2番打者についてスポットが
当てられている。

高校野球を経験した我が家の3人の息子たち・・・。
三者三様、在籍した高校も違えが、性格も野球選手としてのタイプも
全く違う。
息子を見ていても違うのだから、チームとしては個性の集団といえる。
年齢的な時期を考えても、チームが団結していくとなると、
監督をはじめ、指導者・スタッフの方々のご苦労は計り知れない。
選手の精神面・技術面・体力面を見極めてチームとしての適材適所を
考えていかなければならない。

特に高校野球は、ベンチ内・外問わず必ず一人ひとりのやるべき
仕事とと場所がある。
指導者が選手を選手が指導者を理解し信じてチームとして責務を
果たしたならば、想像を遥かに超えた力を生み出す。

この図式は、野球チームに限ったことではない。
会社組織、各種団体組織等についても同様だ。
つまり指導者(組織のトップ)が現場で汗を流してい入る者に
どれだけ想いを馳せているかに尽きる。
そうでないと当然のことながら、個性を見抜くことができず
組織として的確な人員配置とは言えないからだ。

人材は宝です!

南無阿弥陀仏


posted by 正 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと

2016年01月28日

おかげさま

image.jpg

さあ、心のホコリを落としましょう…。
多言を要しません。
とにかくご一読を!

南無阿弥陀仏
posted by 正 at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと